おススメ国内仮想通貨取引所比較一覧

シェアする

仮想通貨を初めて、取り組むために、一番最初に、必要な事があります。コインを購入するためには、取引所に登録しなければ、コインを購入することが出来ませんので、まずは、取引所に登録をしていきましょう。

取引所については、2017年4月に金融庁が施行された快晴資金決済法(通称:仮想通貨法)によって、仮想通貨交換業者は登録制になりました。

チャコママがおススメする取引所はすべて、金融庁に登録されている取引所にになります。チャコママが使ってみて、おススメの取引所をランキングにして、比較してみましたので、参考にされてくださいね。

おススメ国内仮想通貨取引所ベスト5

おススメの国内仮想通貨取引所のBEST5を比較一覧にしてみました。

それぞれの特徴もまとめてありますので、比較されてみてください。

1位:bitflyer 2位:GMOコイン 3位:Zaif 4位:QUOINEX 5位:Bit Trade
販売所 あり あり あり なし なし
即時入金 あり あり なし あり なし
BTC取引手数料 0.01%~0.15% 無料 0%(Maker)
0.01%~0.3%(Taker)
無料 0.20%
BTC最低取引単位(取引所) 0.001BTC 0.0001BTC 0.001BTC 0.001BTC 0.0001BTC
日本円入金銀行振込手数料 顧客負担(振込手数料実費) 顧客負担(振込手数料実費) 顧客負担(振込手数料実費) 顧客負担(振込手数料実費) 顧客負担(振込手数料実費)
即時入金手数料 324円 無料 無料
日本円出金手数料 216円~756円 無料 350円~756円 500円+振込手数料 648円
BTC送金手数料 0.0004BTC 無料(マイナーへの手数料は顧客負担) 0.0001BTC~ 無料 0.001BTC
取扱コイン数 7コイン 5コイン 5コイン 7コイン  6コイン

※この表はすべて現物取引による手数料になります。

取引所の特徴

ご紹介した仮想通貨取引所の5社のそれぞれの特徴をまとめてみました。
取引所を選ぶ時には、この特徴を参考にして、選んでください。

第1位 bitflyer

◆bitFlyerの詳細はこちらへ

bitflyerの会社概要

運営会社 株式会社 bitFlyer
住 所 東京都港区赤坂3-5-5 ストロング赤坂ビル8F
代表取締役 加納 裕三
設立年月日 2014年1月9日
取引所サービス開始日 2014年5月
資本金 41億238万円(資本準備金含む)
株 主 加納裕三、小宮山峰史、
三菱UFJキャピタル株式会社
三井住友海上キャピタル株式会社
株式会社電通デジタル・ホールディングス
リクルートなど
加入協会 日本仮想通貨事業者協会 (JCBA)
日本ブロックチェーン協会(JBA)

bitflyerの取り扱い通貨

・BTC(ビットコイン)
・BCH (ビットコインキャッシュ)
・ETH(イーサリアム)
・ETC(イーサリアムクラシック)
・LTC(ライトコイン)
・MONA(モナコイン)
・Lisk(リスク)

bitflyerの特徴

・仮想通貨の取引量・ユーザー数・資本金が日本一である。
・仮想通貨の取引所として歴史がある。
(2014年5月にサービスが開始されている)
・大企業が出資しており、資本が豊富である。
・代表取締役の加納裕三氏は日本ブロックチェーン協会(JBA)の代表理事である。
・独自の決済サービス「bitwire」を提供している。
・国内で最初にマルチシグネチャウォレットを導入した。
・不正ログイン保証サービスを導入している。
・クラウドファンディング(fundFlyer)や仮想通貨に関する情報メディア(BTC News)も提供している。
・ブロックチェーン技術「miyabi」を開発
・bitFlyerのマイページ経由で買い物やサービスを利用するとビットコインが貰える。

第2位 GMOコイン

◆GMOコインの詳細はこちらへ

GMOコインの会社概要

運営会社 GMO-Z.comコイン株式会社
住 所 東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタータワー
代表取締役 石村 富隆
設立年月日 2016年10月
取引サービス開始日 2017年5月
資本金 17.58億円(準備金含む)
株 主 GMOインターネット株式会社
GMOフィナンシャルホールディングス株式会社
GMOグローバルサイン株式会社
Fitech Source,Inc.
高島 秀行
加入協会 日本資金決済業協会
日本仮想通貨事業者協会 (JCBA)
日本ブロックチェーン協会(JBA)

GMOコインの取り扱い通貨

・BTC(ビットコイン)
・BCH (ビットコインキャッシュ)
・ETH(イーサリアム)
・LTC(ライトコイン)
・XRP (リップル)

GMOコインの特徴

・東証一部上場企業GMOインターネットグループ会社の一員である。その出資があるため安定している。
・証券取引で培った金融業界の豊富な実績とノウハウがある。
・取引所形式を使用しているので、初心者には使いやすい。
・取引所としての機能がなく、販売所としての機能のみになる。
(個人間の被取引ができない。Z.comコインとの直接取引)
・FX取引の場合、レバジレッジを用いた売買が出来る。
・FX取引は、自動ロスカットで追加証拠金が不要である。
・GMOインターネットがマイニング事業へ参入している。
・独自のキャンペーンが豊富で充実している。
・使いやすいFX取引所専用アプリ「ビットレ君」がある。
・トレードから資産管理まで機能がひとつになったアプリ『GMOコイン 仮想通貨ウォレット』がある。

第3位 Zaif

◆Zaifの詳細はこちらへ

Zaifの会社概要

運営会社 テックビューロ株式会社 Tech Bureau, Corp.
住 所 大阪市西区靱本町1-5-18ミフネ本町ビル10F
代表取締役 朝山 貴生
設立年月日 2014年6月16日
取引所サービス開始日 2015年
資本金 1億円
株 主 朝山貴生
朝山道央
アララ株式会社
インフォテリア株式会社
株式会社オウケイウェイヴ
株式会社カイカ
株式会社新生銀行
株式会社ジャフコ
日本テクノロジーベンチャーパートナーズCC投資事業組合(略称NTVP)
株式会社広島ベンチャーキャピタル
株式会社フィスコ
株式会社マネーパートナーズグループ
加入協会 日本仮想通貨事業者協会 (JCBA)
日本ブロックチェーン協会(JBA)

Zaifの取り扱い通貨

・BTC(ビットコイン)
・BCH (ビットコインキャッシュ)
・ETH(イーサリアム)
・NEM/XEM(ネム)
・MONA(モナコイン)

Zaifの特徴

・ZaifはICOプロジェクトのCOMSAを主導している取引所です。
・ビットコインの取引手数料が国内最安で、アルトコインの取引手数料も安い。
・独自の通貨(トークン)を多く取り扱っている。(Zaifトークンなど)
・Zaifには「Zaidコイン積立」というコインの積立制度がある。
(毎月1,000円から積み立てる事が可能です)
・年率最大3.6%のログインボーナスを受け取る事ができる。
・コンビニ・ペイジーで入金ができる。
・仮想通貨のレバレッジ取引ができ、追加証拠金が不要である。
・高機能チャート「TradingView」が利用できる。

第4位 QUOINEX(コインエクスチェンジ)

◆QUOINEXの詳細はこちらへ

QUOINEXの会社概要

運営会社 QUOINE株式会社
住 所 東京都千代田区平河町2-7-3 PMO平河町2F
代表取締役 栢森 加里矢(Mike Kayamori)
設立年月日 2014年11月
取引所サービス開始日 2014年11月
資本金 約20億円(資本準備金含む)
株 主
加入協会 日本仮想通貨事業者協会 (JCBA)
Fintech協会

QUOINEXの取り扱い通貨

・BTC(ビットコイン)
・BCH (ビットコインキャッシュ)
・ETH(イーサリアム)
・XRP (リップル)
・NEM/XEM(ネム)
・QASH(キャッシュ)
・LTC(ライトコイン)

QUOINEXの特徴

・シンガポールで設立された取引所である。
(2017年に本社を日本に移し、事業展開中)
・世界3ヵ所に拠点を持ち、事業を展開している。
・FX取引のレバレッジが高い(最大25倍)
・取り扱っている法定通貨が豊富である。(円、ドル、香港ドル、シンガポールドルなど合計10通貨)
・LINEアプリでサポートを受け付けている。
・入金できる対応金融機関が豊富である。(三井住友銀行、りそな銀行、住信SBIネット銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行など)

第5位 Bit Trade(ビットトレード)

◆Bit Tradeの詳細はこちらへ

Bit Tradeの会社概要

運営会社 ビットトレード株式会社
住 所 東京都港区三田2-11-15 三田川崎ビル4F
代表取締役 閏間 亮
設立年月日 2016年9月12日
取引所サービス開始日 2016年9月
資本金 3億1580万円(準備金を含む)
株 主 FXTF ASSET INVESTMENTS PTE LTD
株式会社FXトレード・フィナンシャル
加入協会 日本仮想通貨事業者協会 (JCBA)

Bit Tradeの取り扱い通貨

・BTC(ビットコイン)
・BCH (ビットコインキャッシュ)
・ETH(イーサリアム)
・XRP (リップル)
・LTC(ライトコイン)
・MONA(モナコイン)

Bit Tradの特徴

・2016年9月に取引所サービスを開始した比較的新しい取引所
・FXトレード・ファイナンシャルのグループ会社である。
・チャートソフト「Trading View」を採用している。
・Googleが提供するスパム・ポット防止認証システム「InvisblereCAPRCHA」を導入している。
・仮想通貨の管理にマルチシング(複数人署名)によるホットウォレットとコールドウォレットの管理体制を構築している。

取引所の選び方のポイント

初心者の人が仮想通貨の取引所を選ぶ時にどのような点に注意して、選んでよいのか、そのポイントをまとめてみました。

取引所を選ぶ時には、そのポイントを元に、ご自身が使いやすい取引所を選んでくださいね。

・取引やチャートなど機能やサイトが使いやすい取引所
・セキュリティ対策などがしっかりしている取引所
(2重認証などを使用しているものなど)
・金融庁に登録されている取引所
・手数料の安い所
・仮想通貨の取り扱い種類が多い所
・出来るだけ大手の取引所が良い
・補償制度がある取引所(コインが紛失した場合などの対応がある所)

以上のポイントをチェックして、取引所を選んでくださいね。

仮想通貨の取引をパソコンだけでなく、スマホでも行う事が多くなっていますが、ほとんどの取引所ではスマホのアプリがあったり、スマホ対応の所があります。利便性を考えるのなら、どちらでも取引が行えたり、チェックが出来る取引所がいいです。

コインチェックのNEM紛失事件があった事で、金融庁も各仮想通貨取引所に対して、セキュリティの強化や対策などの注意躍起を行っています。その中で、業務改善命令などを出された取引所も数か所出ています。

そのため、取引所からのお知らせメールや金融庁のサイトなどを随時、確認しておくと必要があります。

おススメ海外仮想通貨取引所

海外の仮想通貨取引所でオススメの3社の特徴とメリット・デメリットを分かりやすく解説しています。

おススメ海外仮想通貨取引所3社の特徴

まとめ

仮想通貨において、取引所の役割はかなり重要だと言えます。大切な通貨を預かったり、取引を行うのですから、しっかりと管理体制が整っている事が大切です。

仮想通貨の取引所は現在、金融庁の審査を得て、認可が下りないと、登録されませんので、初心者が取引所を選ぶ場合は、金融庁に登録されている所をまずは登録するといいでしょう。

なお、今後も、取引所が出てくると思いますが、それぞれの取引所の特徴やセキュリティ対策、金融庁への登録などをしっかりとチェックして、利便性の良い取引所を選んで行きましょう。