仮想通貨の稼ぎ方その5~仮想通貨のマイニングで稼ぐ~

シェアする

仮想通貨の稼ぎ方を5回に分けて、ご紹介してきましたが、最後の5回目の稼ぎ方になります。

今回は、5回目の「仮想通貨のマイニングで稼ぐ」方法をお伝えしていこうと思います。

マイニング(採掘)とは

マイニング(採掘)とは、例えば、ビットコインで、マイニングというと、ビットコインのすべての取引記録は取引台帳に追記されていきますが。

その追記作業が膨大なデータになるためその追記作業を手伝ってビットコイン全体が安全に運用できるようにがんばってくれたことへの報酬としてビットコインが支払われます。そのことをマイニング(採掘)と言われています。

なお、マイニングには2つの役割があります。

・通貨の新規発行

・取引の検証と承認

日々、仮想通貨の取引が行われる事で、世界中に分散されたデータがブロックチェーン状に、データが蓄積されていきます。そのデータが正しく追記されているかという事を検証し、承認を行っていくのがマイニング(採掘)です。

その作業を行うと報酬として、ビットコインの場合は、ビットコインを新たに貰う事ができます。つまり、このコイン自体が新しく発行されたコインと言う事になります。このようにマイニングには2つの役割があると言えます。

なお、このマイニングを行う人達をマイナーと呼ばれています。現在は、個人だけでなく、企業もマイニング事業に参入してきています。それだけ、注目されている分野といえます。

マイニング(採掘)の仕組みとは

日々、行われている仮想通貨の取引は世界中の分散されたコンピューターにブロックチェーン状にデータが保存されています。そのデータの検証と承認を行うのがマイニング(採掘)になります。

そのデータを記録するために、膨大な処理が必要であり、複雑な計算をしなければなりません。その処理は正解がでるまで処理を繰り返さなければなりません。

そして、この計算によっていち早く正解を出したマイナーに対価として、コインが報酬として貰えるのです。

これがマイニングの仕組みになります。この複雑な計算について、もう少し詳しく知りたい場合は、以下の記事を参考にされてください。

マイニング(採掘)について

※bitFlyerより引用

マイニング(採掘)のやり方

マイニング(採掘)の意味や仕組みがわかった所で、実際、マイニングをどうやったらいいのかそのやり方です。

マイニング(採掘)のやり方には3つの方法があります。

・クラウドマイニング
・プールマイニング
・ソロマイニング

その3つの方法について、詳しく見て行きましょう。

クラウドマイニング

クラウドマイニングとは、マイニングをしている企業や団体に自分がお金を出して、代わりにマイニングをしてもらい、その利益を受け取るという方法です。
つまり、マイニングをしている企業や団体への投資であり、実際は自分自身ではマイニングはしないという事です。

クラウドマイニングのメリット

PCや機材を用意する必要がないので、参加しやすい

自分自身でマイニングをするわけではないので、機材や場所などが必要ないという事です。

電気代の心配をする必要がない

膨大な計算をするために、たくさんのPCや機材が必要になります。それを動かすための電気代はかなり多額になりますが、マイニングをしている企業や団体が行うので、電気代の心配は不要になります。

クラウドマイニングのデメリット

投資した資金を持ち逃げされる可能性もある(詐欺など)

企業や団体に投資をするので、中には、マイニングをしないで、資金を持ち逃げされる可能性もあります。実際、クラウドマイニングを利用して詐欺にあったという事例もあるので、マイニングに投資する場合は、しっかりと調べて、信頼できる企業や団体に投資することが大切です。

仮想通貨の値動きに影響されやすい

クラウドマイニングで得られた報酬はコインで支払われるので、その時のコインの時価総額によって利益がかわります。暴落すればそれだけ利益が少なる可能性もあります。

プールマイニング

プールマイニングとは、複数の人数でグループを作り、グループで計算力を合わせてマイニングを行っていくという方法です。その集団の事をマイニングプールといいます。

プールマイニングのメリット

複数の人数で力を合わせて、計算をしてマイニングを行い、得られたマイニング報酬を提供して計算力の割合に応じて分配されますので、他のマイニングの方法よりも比較的、安定した利益を得る事ができます。

プールマイニングのデメリット

クラウドマイニングとは対照的に、自分自身でマイニングを行うので、機材などを購入したり、組み立てたり、設定などをすべて行わなくてはなりません。

ソロマイニング

ソロマイニングとは、他の2つの方法と違う点は、自分1人で行うため他の人と分配する必要がありません。マイニングで得た報酬はすべて自分の利益になります。

また、クラウドマイニングやプールマイニングは手数料などが取られてしまいますが、ソロマイニングは手数料はかかりません。

ソロマイニングのメリット

ソロマイニングは、自分1人でマイニングを行うので、他の人との分配が無いことから、成功すれば大きな利益を得る事が可能ですし、他の方法とは違って、手数料が必要ありません。

ソロマイニングのデメリット

自分1人で行うため、機材等を買う必要がありますし、組み立てや設定もすべて自分で行う必要があります。成功すれば大きな利益を得る事ができますが、他の方法よりも、利益を出す事が難しいです。(他の方法よりもパワーが違いため)

個人でマイニングをするための経費について

マイニングを行うためには、複数のPCが必要になるので、広い場所と複数のPCを使うため、熱を持つのでそれを冷やすための冷房機(エアコンなど)が必要になるので、経費や管理費がかかると言われています。また、個人でマイニングをするためには、

・マイニングマシーンのパーツを購入する。

・熱を持つので、冷却装置や夏ならエアコンが必要になる。

などの初期費用は最低限必要になります。最近はマシーンのパーツが高騰しているので1台設置するために10万円以上かかる場合もあります。

設置後は、毎日24時間稼働させなければならないので、電気代がかかります。冷却装置やエアコンも使えば、更に電気代がかかることになります。
設置さえすれば、やる事は無いかもしれませんが、初期の作業はありますし、ある程度の費用もかかるといえます。

まとめ

仮想通貨のマイニングについて、詳しく解説してきました。マイニングについて、どのような仕組みなのか、理解できたと思います。

マイニングを行う事で、その対価として、コインを貰う事ができますが、経費がかかる割に、利益はそんなに高いとは言い難いです。

ビットコインについては、マイニングを行っても、ごくわずかのコインしか手に入らないようになってきていますので、もし、マイニングを行う場合は、アルトコインなどで行うといいかもしれません。

他の仮想通貨で稼ぐ方法に比べると、投資という側面は少ないですが、その反面、個人で行う場合には機材などの経費がかかるという事やある程度の知識も必要だという事を考えて、行う事をオススメします。

マイニングもまだまだ、未知数の部分もあるので、今後の仮想通貨の動向次第で変化していく可能性も秘めていると言えますね。