初心者のための仮想通貨の稼ぎ方(投資方法)と特徴

シェアする

る仮想通貨の特徴として、決済の手段に使用する事以外に、投資という側面も持ち合わせています。

昨年のビットコインの暴騰によって、億稼ぐ人達がたくさん出た事は有名な話です。その人達の事を「億り人」とも言われています。

決済手段の他に、投資しての特徴があるため、株やFXなどと同じような方法で仮想通貨を増やしていくことができます。

では、どのような稼ぎ方があるのでしょうか?

仮想通貨の投資としての特徴

仮想通貨は、他の投資(株・FXなど)に比べると取り組みやすい側面が見えてきます。
他の投資は取引時間が決められていたり、最低投資額が高額だったりとある程度の時間的余裕とまとまった資金が無いと投資をすることが出来ません。

その点、仮想通貨は、

少額から購入ができる。

最低取引額(購入資金)が少額から始める事ができます。
取引所によって、最低取引額が事なりますが、例えば、ある取引所の場合、しkビットコインは0.001BTC(2018年7月1日現在、1BTC=699,311円)=699円から購入することができます。

株の取引の場合は、最低購入株単位が設けられており、殆どの場合、100株単位になっています。そうなると購入する場合、数十万円~数百万円になる事が殆どですので、ある程度の資金がないと株取引は行ませんね。

その点、仮想通貨は数百円から購入が可能なので、まずは、少額から初めて見ようという人には購入しやすい利点があります。

24時間365日いつでもどこでも好きな時に取引ができる。

株やFXのように開所している決まった時間だけしか取引が出来ないという事はなく、24時間365日いつでもどこでも時間に制約されずに、誰でも取引が出来る事が大きな利点と言えます。

この2点から、仮想通貨は、投資の初心者でも手軽に始められる事がメリットとも言えます。

ただし、仮想通貨の特徴の一つとして、「値動きが激しい」という点があります。ビットコインが1年で暴騰して、年明けに暴落したように、高いリターンがある反面、高いリスクも伴うのが仮想通貨と言えます。

その点を踏まえた上で、仮想通貨の投資をしていく事が大切です。

仮想通貨の稼ぎ方(投資方法)

仮想通貨の稼ぎ方(投資方法)にはいくつかの方法があります。それぞれの特徴をまとめてみました。

現物取引(保有)

その名の通り、コインを購入し、保持しておくという事です。FXのようにレバレッジをかける取引とは違います。もっとわかりやすく言えば、銀行にお金を貯金して、預金するというイメージになります。

利息が付くというわけではありませんが、価格があがれば、購入した時より保有する金額が上がりますし、価格が下がれば、購入した価格よりも下がり、含み損が出ます。

なお、ビットコインは仮想通貨の基軸通貨とも呼ばれているので、初めて仮想通貨を購入する場合、このビットコインを購入する人が多いです。そのために、ビットコインの価格は他のアルトコインに比べても高いです。

現物取引の場合、そのまま保持し続けるか、それとも一旦損益を確定して、新たに購入するかは個々の判断になります。コインの値動きや現状などをしっかりと確認して、判断することが必要です。

アルトコイン取引

ビットコイン以外のコインをアルトコインと言います。
アルトコインは1550種類以上あると言われており、アルトコインごとに様々な特徴があります。

アルトコインは、短期間で価格が数倍以上上がるという事があります。昨年の例ですと、リップルが昨年1年間で10倍以上に価格が上昇しました。

アルトコインは短期間で価格が上昇するので、購入するアルトコインの特徴を調べて、どのコインがいいかを判断して購入し、投資をしていくことが可能です。

なお、これだけアルトコインがあると中には詐欺コインなどがありますので、ニュースや情報サイト、コミュニティ(SNS)などでリサーチして、購入することが大切です。

短期トレード

仮想通貨のFX取引

仮想通貨のFX取引とは、コインの差益によって、利益を得る取引になります。

FXでは、口座に入金したお金の事を「証拠金」と言い、その証拠を元に購入する通貨の金額との割合によって、レバレッジをかける事ができます。
各取引所によって違いますが、最大~25倍までレバレッジをかける事ができます。

そのため、仮想通貨のFXは少ない資金で、大きな取引をすることができます。その反面、価格が下がった場合、大きなレバレッジをかけていると大きな損失になりかねません。レバレッジをかけられる反面、リスクが伴う取引とも言えます。

FX取引は知識も経験も必要な取引になりますので、初心者の方は、デモトレードなどから始めた方がいいです。無理な投資は大きなリスクにも繋がりますので、まずは、リスクの低い方法から取り組んだ方がいいです。

アービトラージ(裁定取引)

アービトラージとは、仮想通貨の1つの取引所と他の取引所の間の価格の差益を利用して、利益を得る取引になります。

例えば、あるコインが、A取引所で500円、B取引所で520円の価格だっとします。
この場合、A取引所でコインを購入して、B取引所でコインを売れば、20円の利益が出ます。

このような取引をする事をアービトラージと言います。

なお、取引所の売買には取引手数料や送金手数料などがかかりますから、その分の価格も考えた上で、取引を行う必要があります。その分を考えずに取引を行うと逆に利益がマイナスなんてことになりかねませんから注意してください。

積立投資(ドルコスト平均法)

ビットコインを購入してみたいけれど、取引が面倒だし、売買のタイミングも良くわからないし、投資はちょっと不安だという人におススメの取引が「積立投資」になります。

積立投資とは、一定金額を買い続ける「ドル・コスト平均法」による投資になります。

この積立投資は、現在、国内の取引所のZaifが行っており、「Zaifコイン積立」というものになります。

毎月、固定額を銀行口座から自動引き落としされ、希望の金額を積みえ立てる事ができます。

仮想通貨のコインの買い付けは自動で行われ、買い付けのタイミングをはかった上で、コインを注文し、取引を行ってくれます。

この取引は、価格の変動にそって取引を行い、長期的、継続的に積立をして保有する事で利益を得る事が出来るのがメリットといえますので、ローリスクとも言えますね。

ICO

ICOとは、企業が資金調達の為に独自のコインを発行して、投資家達からそのコインを購入するつまり、出資してもらうになります。

例えば、株のIPOと同じようなもので、未公開株式のような仕組みになります。
一般公開前の株を買う事と同じように、仮想通貨のICOも一般公開前の仮想通貨を購入することができます。

仮想通貨の公開前(プレセール)に購入し、コインの公開後(上場)、
その仮想通貨の価値が上がる事があります。

その値上り率で利益を得る方法が「ICO投資」になります。

仮想通貨のICOについては、金融庁が注意躍起をしており、法的な規制がこれから行われる話も出てきています。その内容によっては、ICOが出来なくなる可能性も言われています。

この事については、詳細がはっきりとわかり次第、記事にしてお伝えしていきたいと思います。

現在、ICOの殆どが海外の物が多く、ICOによっては日本人在住者は購入出来ないというものもあり、禁止されているものもあります。

仮想通貨のICOは上場すると言いながらも、上場しなかったり、コイン自体、無かったという事も多々あります。ICOの運営会社の情報やホワイトペーパーなどでしっかりと判断する必要があります。

ICOは知識も経験、判断力、情報力も必要になるので、特に初心者の方は、まずはリスクの少ない方法から始めた方がいいです。

マイニング

マイニングについて、ビットコインで説明しますね。

ビットコインのすべての取引記録はブロックチェーンと言うシステムを利用して、取引台帳に追記されていきますが、世界中にそのデータが分散されており、日々、取引がたくさん行われている事で、膨大なデータを追記していかなくてはなりません。

その追記作業を常に行っていかなくてはならないのですが、その作業を手伝う事で、ビットコイン全体が安全に運用できるようにがんばってくれたことへの報酬として、ビットコインが支払われます。そのことをマイニング(採掘)と言われています。

マイニングは、高性能のパソコン機器とたくさんのパソコンを使うために電気が必要になりますし、熱を持ったパソコンを冷やすための冷房装置も必要になります。そのために、場所も電気代も必要なため、個人で取り組むには難しい面があります。

エアドロップ(AirDrop)

エアドロップとは、ICOが上場前に、資金を調達して、コイン(トークン)を購入するというものですが、ICOとは違い、エアドロップは、上場前に、資金調達は行わずに、そのコインのプロジェクトに賛同する参加者や保有者を広げ、プロジェクトを拡大する事を目的にしており、そのコインが欲しい人達に無料で配る事をエアドロップ(AirDrop)と言います。

手に入れるための登録方法は、メールアドレスやツイったーのアカウントなどを登録するものやMEW(MyEtherWallet)のアドレス登録だけでよいものなどもあります。

配られるコインの中には、価格が数十倍から数百倍になるものもあります。エアドロップに登録する場合は、そのコインの情報などもしっかり確認して登録することが大切ですね。

なお、配られるコインは先着順だったり、時間が経つと貰えるコインが減る事もあります。

投資としての注意点

仮想通貨は値動きが激しい特徴があります。そのために高いリターンがある反面、高いリスクも伴います。

投資で稼ぐ為には、まずは、知識と資金が必要になります。

知識は、本やネットなど学びながら、あとは、経験値を増やしていくしかありません。

資金については、仮想通貨は少額から始める事ができるので、高額な資金が無くても始める事ができますが、それでも、出来る限り、余裕資金で取り組んだ方がいいです。無理な資金運用をして、実生活まで影響を与えるような取り組み方は要注意です。まずは、無理なく、始める事が大切ですね。

オススメ仮想通貨無料トレードアプリ

なお、仮想通貨の投資をしたいけれど、資金が知識が無いという方や資金を作ってから始めたいという方は、ゲーム感覚で、デモトレードができるアプリで
体験してから、本格的に資金を投入して、仮想通貨の投資を始める事も1つの方法になります。

おススメデモトレードアプリ

仮想通貨 デモトレードアプリ BitVirtual

※iOS版とAndroid版あり

仮想通貨なび  ※iOS版のみ

※以下は、仮想通貨の資産管理に便利なアプリです♪

Cryptofolio(クリプトフォリオ)仮想通貨資産管理アプリ

※iOS版とAndroid版あり

まとめ

仮想通貨の投資方法をいくつかご紹介してきました。まだまだ、ご紹介した方法以外にもありますが、どれも、メリットやデメリットがありますので、ご自身にあった投資方法を選んで、取り組んでください。

特に、初心者の方は、リスクが高いものよりも出来るだけリスクが低いものから始める事をおススメします。合わせて、知識を身に付けていくことも必要ですね。

なお、投資には絶対という事がありませんので、リスクがある事を理解した上で無理のない、投資をおこなってください。