仮想通貨を盗まれないために安全に保管するための方法

シェアする

仮想通貨を取引所で購入した場合、コインの保管については、殆どの人たちが取引所に保管しておく事が多いです。

しかし、そのコインを盗む事件が世界中で発生しています。
最近、話題になったコインチェックのNEM流出事件のように、取引所を狙ったものや不正アクセスをしてコインを不正に送金することで盗むという事も多く起こっています。

取引所においたままにしておく事は、たとえセキュリティや安全対策が整っていたとしても、万全とは限りません。そのようなリスクもある事を考えるのなら、安全に仮想通貨を保管する事を考える必要があります。

仮想通貨を保管するものとして、「ウォレット」と言うものがあります。いわば、コインをしまう財布のようなものです。その「ウォレット」に保管する事でコインを安全に保管する事ができるようになります。

取引所に大量のコインを置いおく事は盗まれるというリスクが伴うので、安全に保管できる「ウォレット」を利用する事が必要になります。

コインの保管方法にはいくつかの方法がありますので、ご紹介します。

仮想通貨のウォレットの種類

仮想通貨の「ウォレット」には大きく分けて、2つの種類があります。

それは、「ホットウォレット」と「コールドウォレット」です。

ホットウォレット

インターネットに繋がった状態で利用できるもの

・取引所のウェブウォレット

仮想通貨の取引所に口座を開設すると各ユーザーごとにウォレットが割り当てられます。

メリット

・セキュリティ対策がされている。(2段階承認など)
・PC・スマホなどいろいろなデバイスでも利用です。

デメリット

取引所の破綻や経営不振などでコインを失う可能性がある。
ハッキング、不正アクセスなどの被害などにあう可能性がある。
ネットに繋がっていないと残高確認や利用ができない。

・専用ウェブウォレット

インターネット上に作る事ができるウォレットです。

メリット

口座開設、設定などが簡単にでき、いろいろなデバイスからアクセスができる。

デメリット

ハッキング、不正アクセスなどの被害などにあう可能性がある。
ネットに繋がっていないと残高確認や利用ができない。

・モバイルウォレット

スマートフォンにインストールする事で使えるウォレットです。

メリット

持ち運びに便利なため、場所を選ばずに利用できる

デメリット

ハッキング、不正アクセスなどの被害などにあう可能性がある。
スマホを紛失するとコインが盗まれる危険性がある。

コールドウォレット

インターネットから完全に切り離した状態で利用できるもの。

・ペーパーウォレット

紙に、アドレスと秘密のキーを印刷して保管するウォレットです。

メリット

ハッキングや不正アクセスの心配がない。
取引所の破綻や経営不振、システムの影響を受けない。

デメリット

紙をなくしてし上手うと仮想通貨を使えなくなる。
パスワードを忘れると仮想通貨を取り出して使えなくなる。
残高の確認をすることがかなり面倒である。
持ち運びに注意が必要である。

・デスクトップウォレット

PCにソフトをダウンロードして保管するウォレットです。

メリット

取引所の破綻や経営不振などの影響を受けない。
セキュリティが高く、ネット環境が無しでも残高を確認する事ができる。

デメリット

PCの機会の故障やハッキング、不正アクセス、ウィルスなどで仮想通貨が取り出して使えなくなる。
PCのハードディスクの容量をたくさん使う場合もある。
インストールしたPCだけしか使えない。
持ち運びができない。

・ハードウェアウォレット

専用の機器に保管するタイプのウォレットです。

メリット

取引所の破綻や経営不振などの影響を受けない。
ハッキングや不正アクセスの心配がない。

デメリット

機器の購入費用がかかる。
リカバリーフレーズを紛失すると仮想通貨を取り出して使う事が出来なくなる。
機器自体を紛失すると使えなくなる。

おススメのハードウォレット

いろいろな用途と種類があるウォレットの中でも、ハードウェアウォレットが一番使い勝手が良いといえます。

その中でもオススメのハードウォレットがあります。

その中でも人気が高いものが、「Ledger Nano S(レジャーナノエス)」です。

コインの保管には安全なハードウェアがオススメです♪

ハードウォレットについてですが、実際はウォレットに直接保管するわけではありません。

仮想通貨ごとに割り当てられたウォレットのアドレス(公開鍵)と秘密の鍵が一致しないと仮想通貨の送金や受取などが出来ない仕組みになっています。

その鍵はインターネット上では保管していないので、盗まれる危険性はありません。そのために、安全に仮想通貨を保管することができます。

万が一、ハードウォレットを無くしたり、何らかのトラブルで使えなくなったとしても、あらかじめ「リカバリーフレーズ(パスフレーズ)」を設定してあれば、別の端末(機器)で復元することができます。

なお、ハードウォレットは正規店で購入する事をオススメします。出来るだけお安く購入したいと思うでしょうが、オークションやamazonなど様々なプラットフォームで同じものが格安で売られていますが、その中には不正プログラムを仕込んでいたりするものがあるので、仮想通貨を盗まれる可能性がありますし、中古品も注意した方がいいです。

多少、お高くても、正規代理店などの信頼できるお店から新品を購入することをおススメします。

まとめ

仮想通貨の保管には、様々な種類がありますので、使いやすいものを利用されてください。

大事な仮想通貨を一つのウォレットに保管しておくことは注意が必要です。そのウォレットが無くなれば、仮想通貨が全てなくなってしまうので、1つに保管せずに、リスク分散をする意味で、いくつかのウォレットに保管する事も一つの方法です。

ウォレットを上手く活用して、大切な仮想通貨を保管されてください。